【奥義】オウンドメディアで上位表示させる戦略| 5:1の法則

オウンドメディア戦略,応用編

今回の記事ではメディア運営を検討されている創業初期の経営者の方に向けて、
オウンドメディアのコンテンツを上位表示される為のノウハウ【5:1の法則】に関してお伝えしていきます。
費用対効果も高く、コツさえ掴めば誰でも実践できますので是非戦略や運営に取り入れてみて下さい。

本記事を読むメリット

  • オウンドメディアで上位表示させる為の戦略が具体的に分かる

そもそもオウンドメディアで上位表示とは

そもそもオウンドメディアで上位表示させるという意味ですが、
これは、「狙っている検索キーワード」での表示順位を1位(あるいは1ページ目に表示)にするということです。

表示順位自体はsearch consoleで調べれば現在の表示順位を確認することができます。

search consoleより

上位表示されることによって当然クリック数が桁違いに伸びますし、CTRも跳ね上がります。
とは言え、メディアを運営しているものであれば全員が同じことを狙っている訳ですので正確な戦略緻密な作業が必要になってきます。
基本的なオウンドメディアのKPISEO対策に関してはすでにご存知という「前提」でお話致しますので
もし前提知識に不足がある場合は以下記事を参考にしていただければと思います。

5:1の法則で上位表示

5:1の法則のルール

【5:1(5対1)の法則】というのはcommit digital marketing代表の高橋がネーミングした法則で、
大枠でいうと、「1つの親記事」に対して「5つの子記事」を補填するという「内部リンク戦術」になります。

内部リンクとは、ユーザーの滞在時間の向上を主な目的として、記事中で同じメディア内の別記事へのリンクを貼ることです。一方同じメディアではない場合は「外部リンク」になります。

commit digital marketing

この基本的な戦術をベースとしているのが【5:1の法則】です。
【5:1の法則】は基本的に「ビックワード」「ミドルワード」など競合が多く、検索ボリュームの多い検索クエリを上位表示される為の戦略になっており、上位表示に成功しているメディアでも利用されている奥義とも言える戦略になっています。

具体的には上位表示したいキーワードで1つ「親記事」を作成し、あえてやや抽象度を高くして記事を作成します。
例えば「SEOとは」などと言った概念説明系のキーワードを選択すると良いでしょう。

実際、オウンドメディアサロンでは、以下の記事を最大の「親記事」として展開していますので、
具体的な構成イメージは以下記事で参考にしてみて下さい。

5:1の法則のポイント

親記事はできる限り長文にし、網羅性を担保できるように「SEOとは」に関連した内容をh2~h4網羅的に概念の説明をしていきます。
その中で、ユーザーが「もう少し詳しく知りたい」であったり、「具体的な方法」が知りたいと感じる部分に
「子記事」の内部リンクを添えるようにしていきます。
そうすれば、親記事からの流入から「子記事」へ遷移することによって、ユーザーの滞在時間が長くなったり、
ユーザーの問題解決の効率が良くなったりと結果的にSEOの評価が上がり
上位表示されやすい記事になってきます。
(もちろんマーケティングのセンスやSEOに関する基礎知識は必要です)

子記事から親記事への流入で上位表示

 「親記事」から「子記事」への内部リンクだけでなく、「子記事」から「親記事」への内部リンクが「親記事」の評価を底上げし、結果的に全体の表示順位が上がります。
「子記事」は基本的に「ミドルワード」や「スモールワード」で記事を作成していきます。
抽象度が低い分具体性に長けて、ユーザーにとって分かりやすい詳細な記事作成を意識します。

具体的には親記事が「SEOとは」であれば子記事は「SEO ツール おすすめ」などにあたります。
「SEO ツール おすすめ」での内容を解説していく中で、ユーザーはより全体像(SEOに関しての全体感)を知りたくなるタイミングがあります。

そのタイミングで「親記事」への内部リンクを設置しましょう。
こうすることによって、メディア全体での網羅性が担保されドメインパワー自体も上がっていきます。
要するにgoogleがこのメディアは「SEO」に関して網羅的にまとめている価値のあるメディアだと認識し、
評価をあげるという仕組みです。

価値あるコンテンツを提供する

ここまで【5:1の法則】に関して解説してきましたが、
【5:1の法則】はあくまで上位表示させる為の「手段」です。
いかに内部リンクを巧妙に設計しても一つ一つのコンテンツがユーザーにとって価値のあるものでなければ表示順位はそもそも上がりません。

この最強の戦略を抑えつつも策に溺れないように、「本質」を抑えてSEO対策やコンテンツマーケティングを展開していただければと思います。

ロングテール戦略でも上位表示可能

【5:1の法則】の他に「ロングテール戦略」という有名な戦略もあります。
amazonが実行したことなどで有名なマーケティング戦略から受けたものでありますが、
IT領域に於ける 冪乗則の理論から引用した戦略です。

f(x)=ax^{k}+o(x^{k})\,

詳しくは以下の詳細記事にオウンドメディア運営に於けるロングテール戦略をまとめていますので
参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はオウンドメディア運営に役立つ上位表示の為の戦略【5:1の法則】に関して解説してきました。
抽象度や解像度をコントロールして「親記事」と「子記事」で網羅性を担保する戦略でした。
【5:1の法則】を使って上位表示ができるように役立てていただければ幸いです。

commit digital marketingでは創業初期に特化したオウンドメディアの運営代行を行っております。
「資産」になるコンテンツを構築して半永久的に集客できるメディアを立ち上げたい起業家の方はお気軽にご相談下さい。