【基本】SEO対策の重要概念 E-A-Tとは?YMYLとセットで抑える

SEO対策,入門編

今回の記事ではベンチャー起業家の方やメディア担当者の方に向けてオウンドメディア運用において欠かせない重要SEO項目「E-A-T」に関して解説していきます。

本記事を読むメリット

  • E-A-Tの概念を理解し、SEO対策のアクションに移すことができる

E-A-Tとは

E-A-Tとは、Googleが検索順位を決定するアルゴリズムの基準の一つで
<専門性/権威性/信頼性>を表す用語と理解していただければ良いでしょう。

  • Expertise (専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

要するにGoogleは
オウンドメディアを運営する際には、記事コンテンツ及びそのwebサイト自体を専門的で権威性があって、信頼できるものにしてください。と明言しているわけです

googleの理念の一部であるE-A-T

High quality pages and websites need enough expertise to be authoritative and trustworthy on their topic.

検索品質評価ガイドライン

ページの検索順位をあげる為にはHigh qualityに仕上げる必要があり、
専門的で権威的で信頼性のある情報を提供してもらいたいとGoogleの理念としても掲げられています。

もちろん他にもGoogleが掲げるガイドラインでは検索順位を決定する上で重要視している項目がいくつかあります。

  1. ユーザーの検索意図を満たせているか
  2. E-A-T
  3. コンテンツの質及び量(専門性にもあたる)
  4. 運営者やサイトの情報及び信頼

これらはSEO対策を考える上で基本になってきますので一緒に抑えておきましょう。

表面的なSEO対策の情報がよく出回っていますが、本質的には上記の4つがSEO対策の本質的な部分にあたると理解できます。

SEO対策として有効なE-A-Tの打ち手は

E-A-Tが重要なのはよくご理解していただけたと思います。
では、具体的にどのようにしてE-A-Tを担保していくのかという観点でお話していきます。

YMYL関連の場合

YMYLとは、「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」のことであり、
Googleの検索品質評価ガイドラインで言及されている、”Your Money or Your Life”の略語になっています。

基本的に「医療系」や「健康」「お金」に関することと理解できます。
もし運営予定のメディアの内容が上記であったり、今後紹介していきたい商品自体が上記YMYL系の場合はまず注意が必要です。

アルゴリズムによるアップデートで順位が大きく変動(下落)することはもちろん、そもそも上位表示できないキーワードなども存在する為メディア運営を簡単に始めることはおすすめは出来ません。

ただ打ち手自体はいくらでも存在する為ご紹介します。

YMYLにひっからないような検索キーワードでコンテンツを作成する

医療や健康と言っても定義も不明確ですし、範囲も分かりづらいです。
よって基本的には「人生」や「命」に関連してしまうようなレベルでなければ検索キーワードとして勝負出来ます。
例えば、「病名 手術」のようなキーワードの場合はほぼ完全にYMYLですが、「脱毛 手術」などでは問題ないケースになります。

特にヘルスケア領域やボディーケア領域などは検索クエリの中にYMYL対象になるものがよく存在する為、
YMYLのことも意識しながらメディア運営を行っていく必要性があります。

「専門家」の監修を受けるor「専門家」に記事を書いてもらう

専門性を担保するのにシンプルな打ち手は専門家に書いてもらうことや、監修を受けることがオススメです。
法律関連に関しては「弁護士」・税務会計系に関しては「税理士・公認会計士」といった形で
士業の方などに依頼していきましょう。(医療系や健康系のYMYLページは基本的に専門家自身に書いてもらいましょう)

費用面で言えば、「監修」の方が安く済みます。
仮に士業の方に記事を作成してもらう場合は外注で1本1万~3万ほどが相場になっている為、予算であったりYMYL領域の度合いによって意思決定する必要があります。

逆に言えば、YMYL領域ではアフィリエイターなどが個人で参入することが難しい領域が多い為、
メディア予算を捻出できる場合はYMYL領域でも十分戦える可能性があります。

YMYL関連の以外場合

E-A-T自体の意識は結果的にコンテンツの質を上げる

YMYL関連でない場合はE-A-Tをあまり神経質に気にする必要はありませんが、
運営情報を明記やSSL化など基本的なメディア運営の権威性を担保する施策は当然やっておきましょう。

一方E-A-T自体、考慮しておいて損のない指標ですので、メディア運営責任者の方や創業初期の経営者の方は意識として常に持っておくことをおすすめします。

例えば、我々Commit digital marketingで請け負っているメディア運用の案件の中には税金や会計など非常に専門的な内容が多く存在しますが、ほとんど全てを「税理士や公認会計士」の方に監修していただいています。
ポイントとして記事コンテンツの最下部に<まとめ>ではなく、監修〇〇専門家コメントなどで写真付きに記載しておくと、「ユーザー視点」からも信頼性や権威性が担保されますのでおすすめです。

【PR】
YMYL領域のメディア運営でお困りの方、YMYL関連だが今後メディア運用をご検討されている方。
創業初期企業限定となりますが、SEO対策からメディア運用代行まで「オウンドメディア」に関することは全て対応出来ますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

創業初期ならどうする

創業初期でメディア運用を検討及び実施されている場合であっても、基本的にE-A-Tは意識していきましょう。
とはいえ、「監修」や「代行」にまでは資金を投下しかねる。。。という場合は、他にできる施策から組んでいきましょう。

例えば、SNS運用などのアーンドメディアを活用して「サイテーション」評価を上げにいく、であったり
権威性のあるメディアと相互リンク施策を行う為の営業を行ったりなど資金をかけずとも権威性や信頼性は上げることは可能です。

最もおすすめなのが、「テーマを絞り切る」ことです。
特にメディア運営の序盤ではキーワードの検索ボリュームをあまり気にせず、ニッチな分野でもガッツリテーマを絞りきりましょう。
よくありがちな、あれもこれもそれも〜〜といったメディアは資金リソースが不足している状態ではむしろ伸びにくくなってしまいますので、注意が必要です。
徹底的にテーマを絞りきりましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はE-A-Tとは何かという部分からYMYLまで実際のSEO対策を行う上での解説をしてきました。
今回の記事を参考に少しでもみなさんのオウンドメディア運営に役立てていただければ幸いです。

SEO対策,入門編

Posted by Hajime Takahashi