【真理】googleの理念とSEO対策の本質 

SEO対策,入門編

今回の記事は散々語られてきたSEO
よくあるSEO対策への間違いに業を煮やしてcommit digital marketingの代表自ら
「SEO対策の本質」を語ります。
少し耳の痛い内容になっていますのでご注意下さい。

この記事を読むメリット

  • 表面的なSEO対策ではなく本質的なSEO対策を理解出来る
  • プラットフォーマーの意図/主張が全て理解出来る

表面的なSEO対策はもう意味がない

表面的なSEO対策で順位をあげられる時代は終わっています。
当然です。googleが正しく進化(アップデート)を繰り返しているからです。

もう実施している企業はほとんどいないと思いますが、
質の低い「コンテンツの量産」
被リンクの購入
文字数だけ多い「コンテンツ」の発信
上記のような表面的なSEO対策は本当に意味がないです。
工数とコストばかり浪費してしまっています。いますぐ辞めましょう。

特に「ブラックハット」と呼ばれている被リンクの大量購入や自動コンテンツ作成などは
一時的な数字の伸びはありますが、
後々「確実に」数字を落としていきます。絶対にやらないで下さい。
経営者の方であれば「売上」の伸ばす為にマーケティングチャネルであるメディアのKPIをもっと伸ばしたい
と考える、気持ちは痛いほど理解出来るのですが、
googleが定めている「ルール」を破る形では本末転倒の結果になってしまいますのでこの部分はしっかりと認識していただくべきだと思います。
オウンドメディアの最大のメリットである「資産化」という考え方と真逆の行為なので
辞めておきましょう。

googleが全て。googleがルールを作っている

日本では、すでに検索システムのほぼ全てをgoogleが支配(シェア獲得)しており
yahooもgoogleのアルゴリズムを採用している為
検索エンジンのルールは「グーグル」が作っていると思っていただいていいと思います。

つまりSEO(検索エンジン最適化)もグーグルの作ったルールに準じて実施する必要があります。
グーグルが作っているルールとは言い換えれば「グーグルの検索アルゴリズム」のことになります。
検索アルゴリズムは検索順位を決定するプログラムで、当然社外の人間が読むことなど出来ません。
またアルゴリズムはたびたびアップデートされるので、SEOの土台となっているルールそのものが変更されてしまう訳です。(ちなみにこのアルゴリズムのアップデートに日々怯えて過ごしているブロガーやアフィリエイターがたくさんいます。)

ではアルゴリズムの変更に怯えることなく確実に順位を上げて半永続的な集客力を獲得するにはどのようにすれば良いのか。と思われる方も多いと思います。
そこで結論です。

googleの「理念」を理解して「理念」に通ずるアクションをとること。

googleの理念とは

SEO対策の本質はgoogleは掲げている「理念」の理解に尽きます。
ここにgoogleが掲げる10の真実が記載されています。
本記事ではSEO対策を考える上で重要な物だけ触れていきます。

遅いより速いほうがいい。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

至ってシンプルな真実ですが、「コンテンツ表示の速度」は非常に重要です。
PCであってもスマホやタブレットであっても十分な表示速度になるように常に
Page Speed Insightsで速度の最適化の確認を行いましょう。
記事コンテンツを「ユーザー」に提供する立場の我々としてはユーザーに貴重な可処分時間を使っていただいているので、1秒でも早い表示を目指し高いユーザービリティを目指していくべきだと思います。

ウェブ上の民主主義は機能する。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

ウェブ上でも民主主義は機能するとgoogleは考えています。
つまり被リンクの数は検索順位を決定する上で非常に重要な要素になるということになります。

民主主義とは分かりやすく言えば政治でいうところの「投票」と同じです。
web上での「投票」は「被リンク」にあたります。ユーザーが素晴らしい記事だと評価した物は必ず結果的にリンクを貼られて拡散されていきます。よって民主主義の機能は可能とgoogleは考えている訳です。

また、本記事の序盤で被リンク大量購入などの「ブラックハット」施策は辞めましょうとお伝えしましたが
ユーザーに評価されていないにもかかわらず被リンク数ばかり多いメディアはむしろ評価が大きく下がります。
当然です、それは「投票」ではなく、「やらせ」です。googleは簡単にそれを見抜きます。

情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

これは「マイクロモーメント」と言われる、ユーザーに突然検索ニーズが生まれることを指しています。
そしてそれはPCの前だけではなく、多くはスマホで検索することになります。

つまり「高いユーザビリティ」を担保する為に「レスポンシブ対応」「AMP・OGP設定」「スマホでの表示速度」このあたりもSEO対策において非常に重要だと言えます。
また、突然生まれる検索ニーズには大きく「問題解決型」と「概念理解型」になります。
「問題解決型」の記事コンテンツを作成する際はユーザーが「どんな状況の時」に「どうやって」解決する記事なのかを明確化する意識が必要になると言えるでしょう。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

SEO対策の本質を考える上で最も重要な「真実」がこちらです。
この言葉が全てだと私は考えています。

最終的に価値提供すべきはやはり、コンテンツを閲覧する「ユーザー」です。
「ユーザー」が何をどんな目的で求めていて、記事コンテンツを読むことでどのような状態になればいいのか
を徹底的に考えて「ユーザビリティの高い」記事を作成することだけに注力すれば検索順位も流入数も売上も後からついてくると言っています。まさしくこれが本質であり、真実です。
googleのプラットフォーム上で戦い抜き恩恵を得るにはこの真実を忘れてはいけないと思います。

本質的なSEO対策まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はSEO対策の本質を理解すべく、googleの理念に考察を伸ばしていきました。
世の中にたくさんのSEO対策の本や記事が蠢いていますが、それらの情報の全ては最後に紹介した
「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」という理念を実現する為のツール(手段)でしかありません。手段なのか目的なのか。手段が目的化して本質的なことを忘れていないか。
今一度自社で行なっているSEO対策やオウンドメディア戦略に関して考えていただくきっかけになれば幸いです。

また、今回の記事でSEO対策の本質はよく理解していただけたと思いますので、
「具体的な」SEO対策の方法を知りたいという方はオウンドメディアサロンの入門編応用編のSEO対策の記事を必要なものから読んでいただければ全て把握出来るようになっておりますのでご覧ください。
参考:【必見】創業初期経営者必見!近年話題のオウンドメディアとは?

SEO対策,入門編

Posted by Hajime Takahashi